講演会

Cournot Centre

Spring 2017

What’s Happening on World Energy Markets?



Speakers (to be confirmed) : Raimund Bleischwitz (UCL Institute for Sustainable Resources), Josselin Garnier (University Paris Diderot), Aurélien Saussay (OFCE), Knut Sølna (University of California, Irvine), Robert Solow (MIT, Centre Cournot)

After 18 months of decline, the price of hydrocarbons seems to have stabilized at the end of 2015. How can we interpret this recent development and the preceding periods?
The conference will present empirical groundwork on the new price regime that is taking shape. What do the data tell us? How have spot prices, relative prices evolved?
The conference will focus on macroeconomic and geopolitical theoretical developments: Which elements determine market prices? What are the expectations in global growth? How have representations changed, in particular on financial markets?

Online Registration soon

2015年11月26-27日
伊藤清生誕100年記念講演会

日仏から見た伊藤清氏の業績の意義

在日フランス大使館 - 〒106-8514 - 東京都港区南麻布4-11-44

在日フランス大使館, salle de réunion de l’atrium, 〒106-8514 - 東京都港区南麻布4-11-44
大使館へのアクセスマップ : http://www.ambafrance-jp.org

主催:
フランス高等科学研究院
クルノ・基金&センター

発表者: Jean-Pierre Bourguignon (フランス高等科学研究院 IHES), Nicole El Karoui (エコール・ポリテクニック), 福島 正俊 (大阪大学), 舟木 直久 (東京大学), Josselin Garnier (パリ第7大学 ; クルノ・センター), Daniel Goroff (スローン財団), 楠岡 成雄 (東京大学), Glenn Shafer (ラトガー・ビジネススクール)

事前登録が必須となります。大使館に入館の際に身元確認を行いますので身分証明書をお持ちください。

REGISTRATION CLOSED

Download the Programme Presentations in English

伊藤清の業績と彼から始まる確率過程の日本の研究は、純粋数学としての美しさの面から言っても、この研究が生物学・化学・量子物理学・電気工学・金融の世界にもたらした知見の面から言っても、傑出している。2006年伊藤が第一回カール・フリードリヒ・ガウス賞を受賞した時に国際数学連合が証言したように、彼の業績は世界の文化遺産の一つにランクされる。

 しかし、当初より伊藤の業績はフランスの数学者たちとの密接な関係によって成り立っていた。実際、伊藤の刊行物の中で、彼の最初の論文の最初の文はポール・レヴィの『Théorie de l’addition des variables aléatoires(確率変数の和の理論)』からの引用で始まっているのだ。伊藤がのちに、確率過程はこの本から学んだことを基にしていると書いている通りである。彼の目標は、この本が描き彼が受け継いだこの美しい構造を数学的に仕上げることだった。フランスの数学者たちは、レヴィの著作に関する伊藤の説明を読んで初めてレヴィを理解したのだ、とよく指摘される。30年後の1970年代においても、伊藤はフランスの数学者たちと相互関係にあったと言える。例えば、伊藤の確率積分に関する包括的でより発展したポール=アンドレ・メイヤのセミマーチンゲール・ベイスト・ヴァージョンが挙げられるだろう。現在においてさえも、フランスの数学者たちは伊藤の微積分を物理学や金融の領域に応用する研究に取り組み続けている。

 この講演会は、このような日仏関係の展望から伊藤の遺産を説明しようとするものである。今なお、確率過程の理論は、レヴィが目指したよに、サンプルとなるやり方として通用しているのだろうか?レヴィ過程と確率積分に関する伊藤の理解は、どういったわけで、物理学や金融の世界へ応用され素晴らしい成果をもたらしているのだろうか? 伊藤の遺産を受け継いだ私たちはどこを目指すべきのか?

続き // PDF & Video
2015年11月26日(木)

10:30 – 開会セッション
Glenn SHAFER (ラトガー・ビジネススクール)
Whither Kiyosi Itô’s reconciliation of Lévy (betting) and Doob (measure)?
Shafer Presentation - Nov 2015.pdf



12:00 – 昼食

13:30 – セッション1 : 伊藤の遺産
福島 正俊 (大阪大学)
伊藤先生の生涯と数学的遺産
Fukushima Presentation - Nov 2015.pdf



Daniel GOROFF (スローン財団)
Abstraction vs. Application: Itô’s Calculus, Wiener’s Chaos, and Poincaré’s Tangle
Goroff Presentation - Nov 2015.pdf



15:00 – コーヒーブレイク

15:30 – セッション2 : 伊藤と確率解析
舟木 直久 (東京大学)
確率偏微分方程式に関する話題
Funaki Presentation - Nov 2015.pdf



Josselin GARNIER (パリ第七大学(パリ・ディドロ)- クルノ・センター)
Itô's Calculus in Physics and Stochastic Partial Differential Equations
Garnier Presentation - Nov 2015.pdf

2015年11月27日(金)

10:30 – セッション 3 : 伊藤解析とその金融への応用
Nicole EL KAROUI (エコール・ポリテクニック)
What Makes Kiyosi Itô Famous on Trading Floors?
El Karoui Presentation - Nov 2015.pdf



楠岡 成雄 (東京大学)
伊藤解析、マリアバン解析とファイナンス
Kusuoka Presentation - Nov 2015.pdf



12 : 00 – まとめ

• 後援:
在日フランス大使館
科学技術振興機構 (CREST)
日本数学会 (The Mathematical Society of Japan - MSJ)

2014年9月29日

イノベーションへの出資: 欧州、アメリカと日本のこれから

Ministère de la Recherche - Amphithéâtre Stourdzé - 1, rue Descartes, Paris 5e

発表者: Jean-Pierre Bourguignon (欧州研究会議 European Research Council), 原山優子 (日本総合科学技術・イノベーション会議 Japanese Council for Science and Technology Policy), Thibaut Kleiner (欧州委員会 European Commission), Julia Lane (アメリカ研究学院 American Institutes for Research), Daniel Goroff (スローン財団 Fondation Sloan), Beth-Anne Schuelke-Leech (オハイオ州立大学 Ohio State University), Robert Solow (マサチューセッツ工科大学 MIT)

続き // PDF & Video
9:15 am:開会式
午前第1部 – イノベーションへの出資と助成:監督、指標とインセンティブ

• Thibaut Kleiner, 欧州委員会 European Commission



Julia Lane, AIR
Julia Lane Presentation 29-09-2014



11 am:コーヒー・ブレイク
午前第2部 - 公的支援による研究とベンチャー資本

• Daniel Goroff, スローン財団 Fondation Sloan (予定)
Goroff Presentation 29-09-2014 (1.8 MiB)



• Beth-Anne Schuelke-Leech, オハイオ州立大学 Ohio State University
Schuelke-Leech Presentation 29-09-2014 (1.7 MiB)



1 pm:ランチ
2:30 pm: 午後の部 - 官と民に対する関連性と政策的結論

• Jean-Pierre Bourguignon, 欧州研究会議 European Research Council
Bourguignon Presentation 29-09-2014 (612.4 KiB)



• 原山優子, 日本総合科学技術・イノベーション会議 Japanese Council for Science and Technology Policy
Harayama Presentation 29-09-2014 (760.2 KiB))



2013年12月2日

科学の確率化に限界はあるのか?第二部

The Pappalardo Room, 4-349, Department of Physics, MIT, Cambridge, MA

Organized with Harvard Medical School

Speakers: Noureddine El Karoui (UC, Berkeley), Josselin Garnier (University Paris VII), Alice Guionnet (MIT), Andreas Hilfinger (Harvard), Jonathan Le Roux (MERL), Johan Paulsson (Harvard)

続き // PDF & Video
Part I 10 am – 12 pm: The Advance of Probability: How Far Has It Come?

Noureddine el Karoui (UC, Berkeley), The Relationship between Probability and Statistics



Alice Guionnet (M.I.T.), Progress in Random Matrices
Johan Paulsson (Harvard), Defining a Stochastic Research Agenda in Systems Biology
Part II 1:30 – 3:30 pm: The Probability Approach

Jonathan Le Roux (Mitsubishi), The Probabilization of Machine Perception in Speech and Audio



Andreas Hilfinger (Harvard), Understanding Biological Systems by Analyzing Stochastic Fluctuations



Josselin Garnier (Université Paris-VII), Is a Common Agenda for Applied Probabilists Possible?

2012年12月17日

科学の確率化に限界はあるのか?第一部

14h – 18h 於 Warren Alpert館 (536), 200 Longwood Avenue, Harvard Medical School, Boston (Longwood駅)
Robert Solow (MIT)監修

発表者: Rémi Catellier (パリ第9大学), Meriem El Karoui (ハーバード), Josselin Garnier (ENS エコール・ノルマル), Andreas Hilfinger (ハーバード), Johan Paulsson (ハーバード).

続き // PDF & Video


2010年12月2、3日

マクロ経済学にいかなる権利が?

Les Miroirs - La Défense

Jean-Louis Beffa (Saint-Gobain), Robert Boyer (数理経済計画予測研究センター CEPREMAP) , Jean-Bernard Chatelain (Université Paris I), Wendy Carlin (ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン ), Giancarlo Corsetti (ケンブリッジ大学), Giovanni Dosi (Sant’Anna School of Advanced Studies, Pisa) , Robert Gordon (ノースウェスタン大学), Paul de Grauwe (ルーバン大学), Gerhard Illing(ルートヴィヒ・マクシミリアン大学、ミュンヘン), Xavier Ragot (フランス国立科学研究センター CNRS), Willi Semmler (New School for Social Research, ニューヨーク) , Robert Solow (MIT), Xavier Timbeau (政治学院研究センタ− OFCE), Volker Wieland (ゲーテ大学, フランクフルト)

Programme conférence 2010 (74.9 KiB)

続き // PDF & Video
12月2日 (木)

1. コンセプトとアプローチのパノラマについて

• Jean-Bernard Chatelain (パリ第1大学)
Presentation Jean-Bernard Chatelain (131.6 KiB)



• Xavier Timbeau (政治学院研究センタ− OFCE)
Presentation Xavier Timbeau (327.4 KiB)



• Giancarlo Corsetti (ケンブリッジ大学)
Presentation Giancarlo Corsetti (290.0 KiB)



コメンテーター: Gerhard Illing(ルートヴィヒ・マクシミリアン大学、ミュンヘン)
Presentation Gerhard Illing (530.4 KiB)



Questions and Answers



2. マクロ経済学における研究プログラムの代替案

• Giovanni Dosi (聖アンナ大学院大学Sant’Anna School of Advanced Studies, ピサ)
Presentation Giovanni Dosi (578.5 KiB)

• Xavier Ragot (フランス国立科学研究センター CNRS)
Presentation Xavier Ragot (214.2 KiB)



コメンテーター: Willi Semmler(社会研究新学校 New School for Social Research、ニューヨーク)
Presentation Willi Semmler (659.5 KiB)

12月3日(金)

3. 財政政策の役割再考

• Volker Wieland (ゲーテ大学, フランクフルト)
Presentation Volker Wieland (652.3 KiB)



• Paul de Grauwe (ルーバン大学)
Presentation Paul de Grauwe (1.1 MiB)



コメンテーター: Robert Boyer (数理経済計画予測研究センター CEPREMAP)
Presentation Robert Boyer (390.3 KiB)



Questions and Anwers



4. Robert Solow (MIT)司会、シンポジウム:我々はどこに立っているのか?
Introduction



• Wendy Carlin (ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン University College London)
Presentation Wendy Carlin (1000.6 KiB)



• Robert Gordon (ノースウェスタン大学)
Presentation Robert Gordon (183.9 KiB)



Conclusion by Robert Solow (MIT) and Jean-Louis Beffa (Saint-Gobain)



より多くの会議を参照してください。